2013/10/07

大人のパフェ「ジョエルデュラン 銀座本店 (Joel Durand ginza)」

銀座で休憩するなら、
「ジョエルデュラン 銀座本店」がお勧めです(^^)

本国フランスにもない、フランスの大人パフェ「リエジョア」。
世界でもここ銀座本店でしか食べることのできない一品は、
ジョエルデュランの斬新で独創的なアイディアが存分に詰まっているそうです。

7種ある中から週替わりで5種がオーダーできます。

今回オーダーしたのは、
男性人気No.1のクローブレモン「H」

・・・

苦味と酸味が味覚を刺激する大人のためのリエジョア”
コルシカレモンは酸味だけではなく、コーヒーの出し殻を思わせる様な、
苦味のバランスが絶妙。
コルシカレモンが贅沢に使用されたシャーベットや、
レモンコンポートは、子供っぽくならない味わい。

トップには苦みが特徴のコルシカレモンを使った自家製レモンシャーベット。
くどさを感じさせないさっぱりとした味わいで、お口に爽やかな香りが残ります。
周りのレモンのコンフィと合わせてお召し上がりになることで、
いっそう素材の味を感じることができます。

中層のジョエルデュランのメレンゲは、
すべて仕込みの段階から店内で手作りされたものです。
さくさく、しっとりとした食感は、
工場で作られたようなものではとても再現できません。
素材だけでなく、その素材を最大限に活かす製法へのこだわりも、
ジョエルデュランならではのものです。

最下層には、皮ごとじっくり煮込まれているレモンのコンフィ。
上の層から流れ落ちてくるコーヒーカカオのソースの苦味と、
コンフィの酸味のマリアージュをお楽しみください。

・・・

感想は、甘さ控えめで、酸味が最高!
パフェの上部にあるシャーベットとコンポートが特にうまーい(^^)
暑い秋にはもってこいです。

本店は行列、近くのリエジョア専門のカフェに案内されました。
店内はかわいらしく色使いがプロバンス風。
しかし、銀座特有の下水臭が...。クサッ!
下水臭はなんとかして欲しいですね。(時間帯にもよりますが。)
出る頃には、カフェにも行列ができてました。
本店はリエジョア以外も食べれますが、リエジョアが目当てなら、
カフェに行くことをお勧めします。

甘いパフェではなく、上品。
イメージしている以上に甘さ控えめです!



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
神戸-大阪の阪神間を拠点とするデザイン事務所zeit (ツァイト)
ホームページ制作、パンフレット・チラシデザイン、グラフィックデザイン、店舗設計等
ホームページ:http://zeit-design.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

0 件のコメント:

コメントを投稿